タイトル

介護ベッドで老後安心♪

介護ベッドもレンタルできる時代に

高齢化社会が進む日本において、介護の問題はどの家庭でも他人ごとではありません。
本人の強い希望や病院や施設などに空きがないという場合には、自宅での介護となることも珍しいことではありません。
そんな状況の中で、様々な介護サービスが充実してきています。 そのうちの1つに介護ベッドがあります。
病院や施設などでは当たり前のように導入されている介護ベッドですが、自宅に置いているという方はあまりいないはずです。
しかし、いざ介護をはじめてみるとその必要性を十二分に感じるはずです。
ただ介護ベッドは比較的高額で購入するのは大きな負担になりますし、使わなくなった時の処分のことで困るという問題があります。
そうした問題を踏まえて、介護ベッドもレンタルできるようになりました。
基本的に要介護認定を受けることが出来れば、月々1500円から2000円程でレンタルが出来るうえ、なにか不具合が起きた時には専門の業者が修理をしてくれるため、購入するよりも遥かに便利になります。
今後も高齢化は進んでいくと考えられ、このような介護サービスはますます増えていくと考えられます。

介護ベッドと付属品についての説明

介護ベッドは体に病気や怪我の後遺症等で、介護が必要な人に使うベッドです。病院では手動式のものもありますが、家庭用のものは電動式が主です。頭の側の足の側に別々のモーターが付いていて、任意の角度にすることができたり、ベッドの高さを好みの高さに合わせることができます。起きてベッドの横に腰掛けるときには頭側の角度を上げて、起こしやすいようにしたり、足がだるい時には足側の角度を上げて、むくみを解消させたりすることもできます。また、ベッドの上でご飯が食べられるように、角度を変えて背もたれの状態にすることも可能です。高さを調節することによって、腰掛けた時の足の長さに合わせて上下させ、立ち上がりがしやすいようにできます。また、介護をする人がオムツ等を替えやすいように、高さを合わせることも可能になります。介護が必要な人がベッドを誤動作させないように、スイッチを手が届かない所に掛けられたり、柵や手すりに手を挟まないように、ストッパーが付いているものもあります。ベッド本体以外にも様々な工夫がなされ、横側に可動式の柵を付けることによって、介護が必要な人が転落して怪我をしないように予防できたり、起きる側に可動式の手すりを設けて、独力で立ち上がりがしやすくなるようにもできます。独力でできるということは、リハビリにもつながります。ベッドのマットレスも介護が必要な人の状態に合わせて選ぶことができます。柔らかいか固いか好みでも選べますが、圧迫骨折や骨粗しょう症等で背中が曲がっている人用の当たりが柔らかいマットレスもあります。背骨のでっぱり部分の擦り傷ができにくくなり、褥瘡に移行するのを予防できます。

おすすめWEBサイト 5選

鍵の交換

表札

iPhone修理するなら

最終更新日:2017/8/24